マンション管理士として動き出すこと②

世間一般からの認知度がかなり低いマンション管理士。
もっと有名な不動産系の法律資格である、宅建士の資格はすでに取得しているのですが、知名度が高い資格にはその分資格者もたくさんいます。

そこで、まだまだ資格として発展途上・開拓されきっていないマンション管理士資格について、その伸び代や可能性について興味を持ちました。

はてさて、何から始めようか?

前記事はこちら→マンション管理士として動き出すこと①

自分にできること、自分にこれから求められることを知る

まず、自分自身のことについてもっと整理してみれば、何から手を付けるべきなのか、ということが見えてくるのではないか?と考えました。

(主に資格試験などの知識でいうならば)マンション管理士はもちろん、宅建士やFPなどその他への取り組みをはじめ、これまでの自分について考えてみると、どちらかというと

「狭く、深く」よりも「広く、浅く」

であり、現状はそれを活かしていくほうが先決だな、と思いました。

資格に関していうなら、宅建士としての活動はある程度こなしたことはあるものの、まだまだ未熟と言わざるを得ませんし、その他資格については専門的に資格を駆使する段階には至っていません。

また、資格取得に至らずとも、司法書士試験の勉強をした知識(主に不動産登記法しか勉強できていませんでしたが)は意外と無駄ではなく、かといって専門家ほども知識はなく…という、まさに浅い知識がありますが、案外こういうのも捨てたものではないなと思っています。

というのも、実際にお客様と接するにあたって、知識は広いに越したことがないからです。

例えば、お客様から

「なんだか差押とかいうのをされてるマンションを相続することになるんだけど、どういうことになっているの?」

というような質問を受けたとします。

この場合、私ならざっくり

  • 差押されてしまっているということは、過去に税金やローンの滞納があって、ペナルティを受けている(売ってお金にしてやるぞ、と言われている)状態です。
  • 滞納したお金を返済するとか、許可をもらってその土地を売ってお金を返す任意売却というような方法などをとることができる
  • 現状だと、もし誰かにあげたり売ったりして所有権を移すことになったとしても、差押が活きている状態であれば差押権者に売られてしまうということになります。
  • そもそも税金は返してしまっているのに差押が登記上残っているだけというパターンもあります。

というような解説を”一般論として”させてもらうことになるかと思います。

そして、

  • 任意売却で売ると決まれば、その仲介は可能(現在私は宅建業者に在籍中の宅建士でもあるため)です。
  • 差押登記などは司法書士の専門分野になりますし、返済や任意売却の話なども含めて司法書士に相談してみてはいかがでしょうか。

ということもしっかり伝えさせてもらうでしょう。

…となると、ある程度マンション管理士というものをご存知の方であればよくお分かりかと思いますが、これは一切マンション管理士としての仕事にはならないわけです。

つまり、相談の切り口としては、私の「マンション管理士」という肩書を選んでくださったのだとしても、その内容は上記のように宅建士や司法書士などの職域と知識なのです。これではマンション管理士として報酬をいただくわけにもいきません。

とはいえ、これは仕方のないことです。
不動産の取引や、そこに関わる資格が扱う範囲なんて、なじみのない方からすれば知る由もないのですから。

でも、

「専門外なので、わかりません」

と一蹴してしまってはそこで終わりです。

上記のように”知ったかぶりでない正確な知識・一般論”をお伝えしつつ、”力になれるところは是非なりたい”という姿勢を理解していただくことができれば、これが巡り巡って、お仕事の依頼などに繋がるかもしれません。


ここで一度、マンション管理士という資格がどういう資格であるのか、ということについて考えてみます。

一言でいうなら、「マンションに関する総合コンサルタント」というものになるでしょう。

総合コンサルタントですから、民法、その特別法である区分所有法、管理規約などについての相談を受ける法律家としての性格から、大規模修繕や建て替えなどに関する技術的な知識や、会計的な知識も総合的に持ち合わせている専門家ということになるでしょう。

“マンションのスペシャリスト”ですね。

しかし、マンション管理士としての独占業務(マンション管理士にしか行ってはいけない業務)が存在しないことも忘れてはいけません。

ここまで考えて、結局マンション管理士は、現在の私にとっては「マンションにおける相談事を幅広く受け付ける窓口」としての使い方がマッチするのではないか、という風に今のところ落ち着いています。

現状はまだまだ知識・経験も乏しいマンション管理士ですから、この状態でむやみやたらに自転車操業する道を選ぶのは得策ではないでしょう。

でも、近々マンション管理士として積極的に業務を行うようにしたい!

そこで、ひとまずこのブログの運営に行きついたわけです(またまた続く→マンション管理士として動き出すこと③)。

Share

“マンション管理士として動き出すこと②” への4件の返信

  1. だいたい、おっしゃる通りです。又、マンション管理士の資格の歴史が浅く、周知されてない事、販売時に付く 管理会社にお任せ(すごくぼられている)の組合が多いこと等です。私は、マンション管理士は、組合のコストカッターだと思っております。組合は、いらないところで、お金をたくさん使わされております。残念は事です。

    1. コメントをいただき、まことにありがとうございます!

      各々のマンション管理士や管理士会についてはいろいろと意見や主張があるかと思いますが、

      「私はこう考えるマンション管理士だ」

      ということを知っていただくためのブログにしたいと考えています。
      今後とも何卒よろしくお願いいたします。

  2. whoah this weblog is wonderful i love studying your posts. Stay up the great work! You know, many individuals are searching round for this info, you can aid them greatly. kdcaaadkeaed

    1. Thank you very much for your comment!
      Are you interested in the real estate market in Japan?
      There are still a lot of things I have not studied yet.
      I would like to do my best.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です